セイクレッドフォレスト

(Sacred Forest)

 

 

光の自然界による自動ワーク

 

ムーやレムリアの太古、どこか遠い星の、聖なる森と植物の世界

 

エルフやユニコーン、ディーバ(妖精)やエレメンタル、樹々のスピリット...

 

それらの存在が受け手の懐かしい自然界の扉を開き、光を届けます

 

 

 

このワークの特徴

 

 

・受け手に繫がりのある自然界のエネルギーを呼びだすことで、自動的にその周波数がワークを展開していきます。

 

・エルフやユニコーン、ディーバ(妖精や精霊)など、縁のある自然界の存在たちがさまざまに光を届けてくれます。

 

・とりわけエルフと呼ばれるレムリアの存在たちがワークを見護ってくれます。

 

・それら森の世界の住人たちとの再会と、絆の結び直し。コネクションの強化とサポートが行われます。

 

・ワークの過程で自然界に関する転生物語が紐解かれることも。

 

・自然界とより深く交流するためのセンス(感覚)を刺激します。

 

・必ずしも地球上の森世界ではなく、別の星の自然界がひらいていくこともあります。

 

・森に限らず、全般的な自然界のエナジーや鉱物の世界、そしてエレメント(元素)にも関係しています。

 

 

ワークについて、更に詳しく

 

 

このワークは主に4~5次元領域に存在している、エーテルの森がテーマとなります。それは半霊・半物質として存在している世界かもしれませんし、完全に非物質の、エーテル世界の森かも知れません。


古代、レムリアやアトランティスの時代には自然界の存在と人が、ともに調和的にあった文明がありました。

 

エルフと呼ばれる光の存在や、ユニコーンなどの純粋無垢な存在。小さなディーバ(妖精)たちや、見上げるほど大きな大地の精霊、エレメンタルの精や樹々のスピリットなど…そこでは自然界に住まう存在たちはみな身近な存在でした。


今、彼らはおおむね次元のベールの向こう側に行ってしまいましたが、いなくなってしまった訳ではありません。また、かつてはそういった自然界の存在として転生を持っていた魂が、今人間として生きていることもあります。

 

旧ブログから読んで頂いている方はご存知かもしれませんが、これまでのセッションでも本当にさまざまな森の世界が登場していました。特にエルフと魂的なコネクションをもっている方がとても多かったです。

 

彼らはいまインナーアースの次元で暮らしていますが、地底の次元には(地下レムリアがあるのと同じように)、さまざまな森と植物、そして鉱物の次元が展開しているようでした。

 

また、ムーと呼ばれる時代だと思うのですが、そこでは半霊半物質の森の中にエーテルの機構を築いている宇宙存在たちもいました。森の木々や岩を物質上の「依代」としているのですが、そこに重なるように半霊の宇宙テクノロジーが調和しながら構成されている、という印象です。

 

このワークでも、地球に限らず別の星での体験が登場することもあります。プレアデスやアルクトゥルスの、とても美しいエーテルの森が垣間見られたことも何度か。

 

それは半分透けているような森の中でエネルギーの光が「泳いで」いたり飛びまわっていたり、またはただただ平和なフィーリングが満ちている聖なる空間であったり…本当に受け手の方のコネクションによってさまざまです。

 

また、普段我々が目にしている何気ない植物も、大変霊的な符号やパターンをもっています。それらの仕組みが解き明かされていくのも楽しいですね。

 

樹々のスピリットや花々の生育を助ける自然意識、土、風、火、水、光のエレメントの働きなど…自然界は本当に、愛に溢れた豊かな世界です。

 

このワークではそんなコネクションを持つ森世界と、自然界の存在たちとの絆の結び直しなどがテーマとなって働きます。また、修復や回収が必要なエナジーに関して働きかけることも。

 

レムリアや他の星の森に関する物語が登場すれば、それが紐解かれることもあります。次元のベールを超えたところから、自然界の光の森がワークしていきます。
 

 

 

 

 

 

*所要時間:約50分間

 

*セッション料金:16,000円